儲けの上にあぐらをかいては……

商売が上手な店主のお店は、お客様の声がよく通る店であるといった表現をする専門家たちもいるようです。お客様の興味を引くお店というのは、お客様のニーズが揃っているお店でもあるのです。

皆さんの街の飲食店の入り口に行列ができているような有名店には、どうしてお客様が集まるのでしょうか。皆さんは、こんなことをしみじみと考えたことはありますか。行列のできるお店にはいったい何があるのでしょう。そこには、お客さまが求めているモノがあるのです。

「顧客が求めるもの」とは、すなわちお客さまニーズなどとも称されますが、お客さまが欲しいというモノを的確な環境、価格で提供できることが、まさに行列してでも手に入れたいモノになるわけのです。

多くの人々が時間を惜しむこともなく行列に並ぶというのは、そこに時間を費やす「価値」があるという判断がなされているのです。お客さまは、皆、自分のニーズには敏感です。日課のように訪れていたお店の味が自分のニーズに添わないと感じたとたん、客足は遠のいていってしまうはずです。

ですからご自身の店舗のお料理について「しょっぱい」「辛い」「甘い」「冷たい」「熱い」など、お客さまのちょっとした反応やリアクションを表す、「お客さまの声」を逃さないことです。飲食店経営が軌道にのったからといっても、「儲け」の上にあぐらをかくのではなく、お客さまの声のよく通る店舗経営を目指す志が大切です。

「つい胃袋をワシッ!づかみされちゃうプランで飲み歩き!Restaurant」サイトトップへ