「看板メニュー」づくり

お店前に行列ができるほど繁盛する飲食店のほとんどには、看板メニューといったようなものがあります。「看板メニュー」は、そのお店の人気メニューとも言えますが、そのお店によってその価格は様々であり、比較的高額な商品もあれば、美味しさや見た目などではなく、とにかく価格が安いことが看板メニューのいち推しとなっているような商品もあります。

看板メニューを作るには、大多数のお客様の目から見たその商品自体が魅力的である必要性が求められてくるでしょう。使用している食材、またそれに見合う価格、そこにはお得感があるのか、それともプライスレスな特別な感覚を呼び起こす商品であるか、何かしらのお客様を惹きつけるポイントが看板メニューには大切であります。

このお店に来たらのならば、この商品を頼まないと損をしたような気分になるといったような特別感が看板メニューには必要となってくるようです。

看板メニューが逸品でもあることは、飲食店の強みともなり看板メニュー自体がお客様の広告部長となって一人歩きしてくれるようなこともあります。お店の名店名は知られていないのに、看板メニューの名前を聞くと「あのお店ね」と多くの人々に周知されることもあるでしょう。

お店の商売繁盛を考えるにあたって、「看板メニュー」をうまくアピールに活用できるような戦略も必要です。

「つい胃袋をワシッ!づかみされちゃうプランで飲み歩き!Restaurant」サイトトップへ