「市民農園」の地域的な機能について

  • by

ご自宅で家庭菜園や市民農園などのレンタル農園などを利用して、野菜や花を栽培する方々の姿が増加傾向にもあるようです。そのような人々の動きのなかで、ガーデニングや農園での野菜作りなどを通して多くの人々が、様々なメリットを感じているようです。公的なの市民農園などに関する資料などを見ておりますと、市民農園の機能と致しましていくつかの要項を見つけることができました。例えば地域全体における環境に関する保全については、緑や土壌の管理とともに緑地環境の確保などを目指しているようです。また、防災的な意味合いにおいては、有事の際の人々の避難所とされたり、一時的にな避難所生活が必要とされる際には、自給自足的な食料の確保エリアとされ、様々な土地活用への提案が挙げられるそうです。通常は、多くの人々が農園を利用する中でのコミュニケーションの場としての機能にクローズアップされますが、地域農園が私たちのお住まいのエリアにあることで、様々な地域的なメリットがあることを理解することとなりました。市民農園などで交わされる人々のコミュニケーションによって、地域の活性化にもつながること、また老若男女年齢を問わず土との触れ合いや自然体験によって、子どもたちへの情操教育、さらには自然のもとで太陽の光を浴びながら作業することによっての保健衛生的なメリットなど、様々な住民への利潤がもたらされるように考えられているようです。実際に市民農園をご利用されていらっしゃるの方の多くが、野菜作りや人とのコミュニケーションが楽しければ、それで満足され、多くの人々が個人的な理由でご利用されていらっしゃるのでとは思われますが、ソーシャル的な観点から市民農園ののあり方を考えていきますと、様々な機能や役割が見えてくるものでもありました。