「かぼちゃ」の種類を知ろう

  • by

皆さんがスーパーなどで見かける「かぼちゃ」は「日本かぼちゃ」と呼ばれ大変水分を多く含むことから日本料理などの煮物や蒸し物などに適していると言われています。見た目の形は縦に深い溝が入っているところが特徴です。凸凹とした形がとても可愛らしい日本カボチャであります。「西洋かぼちゃ」として知られている「えびすかぼちゃ」は、またの名を「栗かぼちゃ」などとも言われるほど糖分が多く、さらには日本かぼちゃから比較するとホクホクとした食感が特徴ではないでしょうか。最近では手のひらサイズのかぼちゃとして少人数の世帯などでも大変喜ばれている食べきりサイズの坊ちゃんかぼちゃは、そのみの甘さが特徴でもあります。大きさがちょうど一人分のお皿や器にも適していることから、かぼちゃプリンやグラタンなどにも皮ごと器として利用され、市販品として加工されたかぼちゃの姿をデパ地下などで見かけることもあります。その他には最近、皆さんも頻繁にお見かけすることが多いかもしれませんが、「バターナッツ」と呼ばれる表面がオレンジ色もしくは黄土色をしたかぼちゃはご存知ですか。バターのような食感が特徴でもあり、スープやスイーツなどに多く用いられているかぼちゃでもあります。かぼちゃは食用だけではなく観賞用としてのかぼちゃも栽培されているおりますので、ハロウィンなどの季節などには、たくさんの種類のかぼちゃが皆さんを楽しませてくれるのではないでしょうか。