「オクラ」は「OKURA」

  • by

紀元前から栽培されている歴史が古いお野菜は、実は「オクラ」であります。日本でオクラが一般的にご家庭の食卓に並ぶようになったのは昭和の時代に入ってからなどと言われておりますが、紀元前のエジプトやエチオピアなどアフリカ大陸においては長い間人々に親しまれてきたお野菜であるようです。オクラ夏野菜としてのイメージが大変強くありますが最近では通年にわたりスーパーなどでもその姿を見かけることがあります。「オクラ」そのもののネーミングは日本独自の呼び名ではなく、世界共通に「オクラ」と呼ばれている大変珍しいお野菜でもあります。プランターなどでも簡単に栽培できることから、最近では新型コロナなどでの家庭菜園での栽培に選ばれる人気のお野菜の一つでもあります。独特なネバネバの成分が栄養素の元でもあり、皆さんの胃腸を守る働きをしてくれる夏バテ防止にぴったりのお野菜でもあります。一年中スーパーなどで見かける「オクラ」でもありますが特にはやはり夏の時期に夏バテを意識して接種したい食材の一つでもありますね。