白菜の旨味と栄養

  • by

冬は寒さが苦手とする人も多いかもしれませんが、美味しい野菜が育つ季節でもあるのです。冬が「旬」の野菜の代表格とも言える「白菜」は、実はそのほとんどが水分でできているそうです。日本では農作物が乏しい季節でもある冬が「旬」である白菜は、そのほとんどの成分が「水分」でありながら、カロテンやビタミンB群、ビタミンC、カルシウムを豊富に含む栄養素の宝庫とも言える野菜なのです。特に白菜には水溶性の栄養素が多く含まれているので、お鍋やシチューなどの汁ごといただく料理が良いとされています。白菜を使用した中華料理に片栗粉や葛などでとろみをつけたお料理が多いのは、白菜を炒めた際に水分と言一緒に出た栄養分をそのまま煮汁ごと頂けるような工夫がされているのかもしれませんね。古来から人々によって伝えられてきたお料理レシピには、深い意味が隠されているのかもしれませんね。皆さんは、将来、未来を築いていく子どもたちにどのようなお料理レシピを伝えていきたいですか。