商売繁盛なお店のなぞ

巷でよく聞く飲食店の悩みとして、お客様が少ないお客様が減ってしまったというようなことを常連客に漏らす店主さんやオーナーさんはいらっしゃいませんか。

様々な事象の影響などを受けて個人で営む飲食店や、外食チェーン店などをお食事会や飲み歩きなどで利用する人々の姿は大幅に減少したと言われております。実際には、飲食店に限らずともお店を構えるオーナー様に、是非ともその心構えとして覚えていただきたい事柄は、自分の信念や志が必ずしもお客様のニーズにはマッチしないということです。

これはお客様が本当に欲しいと思うものでない限り、どんなに素晴らしく、どんなに芸術的価値、または歴史的価値がある商品であったとしても、お客様から見て魅力的なものでない限り代金を支払っての購入には至らないということであります。

時代に何かしらの影響を受けているあらゆる市場産業において取り出さされている問題解決として、時代の流れとともにお客様のニーズは変化して行くものだという問題の幹を見落とさないことです。

人々の興味が動く流れをきちんと読み取り、自分自身の考えや経営スタイルとしての舵取りを、流れに合わせて行っていくことが経営者としての志の軸ともなるはずです。 お客様が少ないと嘆いていらっしゃる経営者の皆さまに、そのに問題点の可視化をおススメいたします。

オリジナルメニューの強み

個人事業主が経営する街の小さな飲食店を地域の人気店にするには、やはり全国的な規模で展開する大手外食チェーン店との対決は免れないのかもしれません。常にお客さまに選ばれるお店であるためには、価格のリーズナブル性や豊富なメニューを取り揃えることは大きな魅力となるでしょう。

さらには多人数のグループやファミリー層の集客としてあらゆる顧客のニーズに応えることのできる、価格・メニュー・店舗企画・設定は飲食店経者とって大きなメリットとなるのではないでしょうか。

あらゆる年代層が混同する団体のお客さまたちにとって、席を共にする方々が好きなお料理を個々に注文し、会食を心から楽しめるようなバリエーション豊富なメニューづくりは幹事さまにとってもお店選びの重要なポイントでもあるはずです。

地域に選ばれる店になるために

多種多様なシチュエーションに対応できるお店側の対応は、地域に選ばれる店としての株を一気に上昇させるはずです。大手外食チェーン店では、たとえ予約なしに大勢のお客さまが押し掛けたとしても、十分な駐車・駐輪場スペースを確保し、さらには通年に渡り安定的に年代を問わないバリエーション豊富なメニューを取り揃えられることが、小規模な個人経営の飲食店から比較するとどうしても優位に立ってしまうのです。

とはいいつつも個人事業主が経営する飲食店のメリットとしては、お客さまのオーダーに合わせて、その都度オリジナルメニューを臨機応変に創作できることなどがあります。規格一辺倒なお料理の「量」「味」ではなく、お客さまの好みに合わせた、その店舗でしか味わうことの出来ないオリジナルメニューを即興的にご提供できる強みなどがあるはずです。大手外食チェーン店が工場などの集中型調理施設を構えることによって安定的な味を確立していることに対し、個人経営の強みは、独自の調理場で「手作り」の美味しさを「作りたて」の味わいとしてお届けできることが何よりも強みではないのでしょうか。